10 10月

10月10日(月)に「ナヴァラトリ昼食提供」がありました。サンスクリット語で「9つの夜」を意味する「ナヴァラトリ」は、女神を祀るためのヒンドゥー教の行事であり、その最終日には家族や親戚たちと特別な料理を食べる風習があります。
この日、日本人学校のインド人スタッフが児童生徒、職員においしい昼食を用意してくれました。子どもでも食べられるように辛くなく、食べやすい味付けにしてあります。教室をのぞくと、おかわりをしてい  る子どもたちの姿をたくさん見かけました。写真は、実際に用意してくれた昼食です。

%e3%83%8a%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%a9%e3%83%88%e3%83%aa%e2%91%a0%e3%83%8a%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%a9%e3%83%88%e3%83%aa%e2%91%a1%e3%83%8a%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%a9%e3%83%88%e3%83%aa%e2%91%a2