20 7月

20日(金)BBS(ブルーベルズスクール)の児童生徒を招待し、日本文化を伝える、「ようこそ!JAPAN☆DAY」が行われました。

開会式ではG5によるお囃子の演奏、中学部によるよさこいソーランの演舞の発表も行われました。開会式後は、各学年に分かれて交流しました。どの学年も、BBSの児童生徒に楽しんでもらうため、英会話や体験活動の準備をしてきました。BBSの児童生徒は日本文化に興味津々で、交流相手に質問をしたり、楽しそうに活動に参加したりする姿がたくさん見られました。閉会式ではBBSの児童生徒と一緒にG6が和太鼓の演奏をするなど、充実した交流プログラムを終えました。

学 年 活動内容
G1 盆踊り・折り紙
G2 縁日(豆つかみ、かるた、輪投げ、福笑い、魚釣り、ゴム鉄砲、手裏剣 など)
G3 昔の遊び
G4 阿波踊り
G5 運動会
G6 和太鼓
中学部 よさこいソーラン、書道体験、茶道・浴衣体験

 

<児童生徒の感想>

 ようこそ!JAPAN☆DAYで自信がついたことは、「みんなの前で堂々と発表して大きな声を出す」ということです。何回もお囃子の練習で「大きな声を出す」ことを意識して練習できたので、発表を成功させることができたと思います。また、英語も頑張りました。あまり得意ではなかったけれど、「運動会」の体験では英語を使ってBBSの児童と話をすることができました。(G5)

 今回は、書道を通して交流をしました。今年のようこそ!JAPAN☆DAYでは片言ではなく、ちゃんとした文で会話ができたなと思いました。一緒に体験した交流の相手も書きたいことを言ってくれて時間が過ぎるがとても早く感じました。相手のことを聞くことも多かったので、自分のことももっと伝えて話を深めていければよかったと思います。インドの人たちは知らない人とも積極的に話をして友だちの輪を広げていくので、真似をしたいなと思いました。(G8)