1学期前半が終わりました。 »

本日でニューデリー日本人学校は1学期前半を終えました。ニューデリーでは最も暑くなる6月に夏休みを設定している学校も多く、本校も明日から一足早い夏休みです。本日、1学期前半終了にあたって集会が開かれました。校長先生より「早寝、早起き、朝ご飯」の生活を守り、充実した夏休みにしいてほしいというお話をいただきました。また、生徒指導主任より夏休みの過ごし方についてお話がありました。7月4日(水)より1学期後半が始まります。


5月25日(金)・30日(水)中学部講演会「先輩から学ぼう」 »

中学部講演会「先輩から学ぼう」が開催されました。キャリア教育の一環として、インドで活躍されている日本人の方をお招きして、お話を聞かせていただきました。「先輩から学ぼう」では、生徒たちが将来を見据えて、主体的に行動できるようになることを目標としています。今回は、MARUTI SUZUKIの工場長をしておられる市野一夫様、在インド日本国大使館職員の杉本昭男様に講演をしていただきました。

MARUTI SUZUKI LIMITED INDIA 市野一夫様

在インド日本国大使館 杉本昭男様

地震避難訓練 »

5月23日(水)の3校時に、全校で地震避難訓練を行いました。震度4程度の地震が発生し、校舎内で天井や階段の崩落の恐れがあると想定し、グラウンドに避難をしました。地震発生の放送が流れると、子どもたちは素早く机の下に身を隠したり頭部を守ったりするなど、適切な行動をとることができました。


中学部 よさこいソーラン発表 »

フリー参観ウィーク最終日の総合の時間によさこいソーランの発表がありました。
中学部の生徒は4月から絆グループ(7年生から9年生までの縦割り班)に分かれて練習してきました。7年生は踊りを覚え、踊りきること、8年生は後輩に教えつつ自分の踊りを高めること、9年生はこれまでの経験を活かし、よりよい発表になるように全体を盛り上げること、それぞれの目標をもって練習に励んできました。生徒たちは今もてる力を出し切って踊ることができました。
次の発表は「ようこそ!JAPAN☆DAY」になります。




中学部 情報モラル教育 »

携帯電話やスマートフォンは、身近な情報通信機器としてとても便利で、利用者が増えています。しかし、使い方を誤ると大きなトラブルに発展することがあります。中学部でも、道徳の時間に情報モラルやSNSの使い方について学習を行いました。自分だけでなく、家族や友達にも迷惑がかかってしまうことなど、身近な問題から情報モラルについて考えました。
ニューデリー日本人学校では、SNS利用のためのガイドラインを作成しています。

 

16 5月

水泳チャレンジタイム »

泳力・記録向上のために、5月16日(水)は1年生から3年生の希望者が、5月18日(金)は4年生から6年生の希望者が参加する“水泳チャレンジタイム”が開かれました。子どもたちは、泳力ごとにコースに分かれ意欲的に取り組めていました。子どもたちからは「前よりも良くなった!」、「初めてできた!」などの声があがりました。8月に行われる水泳記録会では日頃の水泳授業に加え、今回の水泳チャレンジタイムの成果が現れることに期待したいです。

 

日曜参観 »

5月13日に日曜参観がありました。子どもたちの日ごろの学校生活をお母様だけでなく、お父様にも見ていただける大切な機会です。
当日は、親子で一緒に取り組む活動の授業もあり、子どもたちも日ごろの学習を生かし、頑張って活動に取り組んでいました。













G3校外学習 »

5月11日(金)、小学校3年生社会科「学校のまわりをしらべよう」の学習で、学校周辺を散策しました。たんけん中の子どもたちは「学校のまわりには病院がたくさんある」「住宅がいっぱい」など、新たな発見をたくさんしました。また、白地図には学習した地図記号を記入している子や、わかりやすいようにオリジナルの記号を記入している子もいて、今までの学習をいっそう深められた校外学習になりました。

 

G8お茶会 »

今年度もニューデリー日本人学校の児童生徒は、日本人会茶道部の皆さんのご厚意によりお茶会にご招待していただいています。5月10日は8年生がお茶会に参加させていただきました。学校のリーダーとして委員会や行事の中心となるG8は、とても忙しい毎日を送っています。お茶会では心静かな時間を過ごすことができました。日本の文化にふれる大変貴重な時間となりました。

G4校外学習 »

5月10日(木)に小学校4年生社会科の学習「火事から暮らしを守る~消防署へ行こう~」で、学校近くの消防署に見学へ行きました。子どもたちから「インドの消防署には防火服がないんだよ」「放水の様子を見てきた」など、消防署で働く方からお話をたくさん聞いたり、実際に使われている道具や機械を見たりして、学習の内容をいっそう深めることができました。

 

~児童の感想~
 インドの消防署には防火服がないことや電話番号が101番だということ、消防団がないことなどが日本と違うところで、オリジナルの地図があることや、通信指令室があるところなどが、日本と同じところだと思いました。日本の消防署と同じところやちがうところが発見でき、とてもおもしろい消防署見学になりました。