17 10月

中学部の総合的な学習の時間において講演会「先輩から学ぼう」が開催されました。キャリア教育の一環として、インドで活躍されている日本人の方をお招きして、お話を聞かせていただきました。「先輩から学ぼう」では、生徒たちが将来を見据えて、主体的に行動できるようになることを目標としています。
今回は CANON INDIAの小林一忠様 中道加奈絵様にご講演いただきました。「なぜ、海外で生活することになったのか」についてお二人の経験を話され、生徒たちは興味深く聞いていました。

≪感想≫
「私は、小林さんと同じように世界で働きたいという夢があります。インドにいることで、世界の面白さや楽しさがわかるからだと思います。私はどうすれば「世界で働けるようになるのか」と考えていました。小林さんは、英語を一生懸命に勉強していたそうです。自分の夢に向かって実行することは、夢への第一歩なんだと思いました。また、講演の中で「NO ONEではなくONLY ONEに」という言葉から、私にも自分にしかない長所が、たくさんあることに気付きました。私も得意なことを、ONLY ONEにしていきたいです(G7)