学校経営方針

学校教育目標の具現化を目指し、児童・生徒、保護者、教職員が希望と誇りをもてる学校、日本人会に認められる学校を創る。そのために、児童・生徒一人一人が主体的に考え、表現し、行動できる資質や能力を育成する教育を推進する。そして、祖国を愛し、伝統と文化を理解するとともに、他国を愛し、他国の文化を尊重できる、他国の人々に尊敬される品格を身につけた児童・生徒を本校より輩出していく。

(1)  自己教育力の育成を図る

    ア  自ら学ぶ意欲と自ら学ぶ力を育成する
     ・興味・関心を引き出す指導法や学習形態の工夫を図る
     ・途中で投げ出さない学習持続力(学びきる力)を育成する
    イ  基礎・基本の指導を徹底する
     ・学び方・学習内容の基礎・基本の徹底を図る
     ・つまづきの発見や見届けを怠らない

(2)  人間尊重を基盤とし、児童・生徒を中心にすえた教育活動の推進に努める

    ア 児童・生徒理解に徹する
     ・理解することから支援が生まれ、指導が始まる
     ・特別支援教育の視点・配慮を大切にする
    イ 生徒指導の基本理念を明確にし、言葉を大切にして指導にあたる
     ・児童・生徒一人一人のよさを尊重し、「かけがえのない存在である」ことを常に出発点とする
     ・チャンス指導を大切にして、流さない
    ウ 個人差に留意した工夫ある指導を進める
     ・一人一人の児童・生徒のよさを見いだす指導を心がける
     ・活動を通して、ほめる・しかる・そして具体的に教える

(3)  指導力向上を目指す研修の充実を図る

    ア  子どもは教師を選ぶことができないという立場を重く受け止める
     ・学び続ける教師の後ろ姿を見せることで生徒を変える
    イ 授業の力を切磋琢磨する校内研修体制の確立を図る
     ・子どもは可能性に富み、常に成長することを念頭に置く
    ウ 教師一人一人が自分のライフステージに応じた課題に取り組む
     ・年代と経験に応じた課題を発見し、その解決のための自己研鑽に努める

(4) 在外教育施設としての本校の歴史や伝統の上に立つ教育の推進に努める

    ア 在外教育施設教職員としての自覚と使命感を持つ
     ・教職員の相互協力と積極的な教育活動への取組を推進する
    イ 保護者、地域社会の本校教育に対するニーズに応える
     ・「こんな人間に育ってほしい」という願い・期待に応える
    ウ 本校の伝統を継承し、さらに発展させるとともに新たな伝統を築く
     ・「先に挨拶をする」「背骨を伸ばす」「ごみを拾う」にこだわる

(5) 近隣の学校関係・家庭・日本人会及び関係諸機関との連携を密にする

    ア 学校への支援体制を整える
     ・PTA、学校理事会、デリー日本人会との連携を強化する
    イ 学校の教育活動を積極的に公開する
     ・地域の方や保護者が学校に来る機会を増やす
     ・ホームページの更新頻度を高めるとともに、内容を充実する
    ウ 付属幼稚園・近隣及び提している小・中学校等との連携を一層推進する
     ・文化的、体育的行事の一層の充実を図る
     ・教師及び生徒の人的交流を図る

Leave a Comment