本校教育活動における部活動の位置付け

  1. 生徒の個性を生かす場面とする。
  2. 部活動を通して体を鍛えるとともに、自律の心、共生の心、感謝の心を育てる。
  3. 教育活動の基本は各教科、道徳、特別活動であり、部活動はそれらとの適切な調和を図り取り組む。(部活動優先にならず、部活動軽視もしない)

部活動編成における基本方針

  1. 学校管理下において部活動を実施する。
  2. 中学部の希望者によって編成する。
  3. 途中の退部は基本的に認めない。ただし個人、家庭の事情に鑑み、中学部職員で検討し柔軟に対応する。
  4. 部活動は、技術の向上や体力の向上を目標に活動するが、それ以上に部員同士が励まし合い、助け合うことを通し、人間らしく成長することを重視する。そして、顧問と保護者とが互いに連携、協力して生徒を支援していく関係を大切にする。
  5. 部員が少なく活動に支障が生じる恐れがある場合は、転部及び廃部にすることもある。
  6. 部活動中のケガ等については学校で対応し、必要な場合は学校加入保険で対応する。
  7. 生徒の下校は保護者対応とする。
  8. 部活動の指導は、中学部の職員を中心に行う。
  9. 長期休業中の活動は、実施しない。

設置部活動

  • 外運動部(サッカー・ソフトボール等)
  • 水泳・体力向上部
  • バスケットボール部

部活動推進上の申し合わせ

  • 部活動規則(生徒配布用)を別に定める。

活動時間及び下校について

  • 水曜日15:45~17:00
  • 金曜日15:45~17:00

*下校については保護者対応

Leave a Comment