教育目標

一人一人の個性を伸ばし、心身ともに健康な幼児を育てる。

  1. のびのびと遊ぶ子
    • 元気よく遊ぶ。
    • 遊びを見つける。
    • 環境に働きかける。
  2. 思いやりのある子
    • 友達との関わりを深める。
    • 自分のよさ、友達のよさを感じ合う。
  3. 自分でする子
    • 生活の中でやってみたいことを見つけたり、できそうなことはやってみようとする。

経営方針

一人一人をかけがえのない存在として認識し、個性あふれる温かみのある教育を行う。

  1. 集団への生活適応。
  2. 育ち合う友達環境作り。
  3. 発達段階に応じた生活習慣形成と自立を養う。
  4. 人や物と触れ合うことの喜びを味わう。
  5. 自然や動植物への関心を深める。
  6. 五感を通しての言葉・身体表現を豊かにする。

園生活での重点

  • 健康: 健康な生活習慣を身につける。
  • 人間関係: 友だちの良さに気づき、思いやりをもって遊ぶ。
  • 環境: インド・日本の文化を知り、まわりの様々な環境、事象に興味や関心をもつ。
  • 言葉: 言葉でのやりとりを楽しみ、豊かな日本語を養う。
  • 表現: 自分なりに表現をする意欲をもつ。

学年別保育計画

□ 年少 ぴらぐみ

  • 園生活のリズムを身につけ、身のまわりのことを自分で行う。
  • 体を動かし、友達と一緒に遊ぶ楽しさを知る。
  • 相手の気持ちに気付きながら、集団生活の中で活動する楽しさを知る。

□ 年中 らるぐみ

  • 基本的な生活習慣を身につけ健康な体作りに取り組む。
  • 友だちとのかかわりの中で、協調性と思いやりの心を養う。
  • インド・日本文化に触れ興味関心を持つ。
  • 言葉遊びを通して、豊かな日本語を養う。
  • 自分の興味、関心があるものを、表現する力を養う。

□ 年長 にるぐみ

  • のびのびとした活動を通して、豊かな心身を育む。
  • 生活習慣を身につけ、見通しを持ちながら自分たちの生活を作ろうとする。
  • 友だちと遊ぶことを楽しみ、その遊びをより豊かに発展させることができる。
  • 自分の思いや感じたこと、想像したことを豊かに表現し友達の中で認め合い、一人ひとりが自身を持つ。

教育課程

文部科学省の「幼稚園教育要領」による。

□ 学期(本年度から二学期制導入

  • 前期 4/1~ 10/13
  • 後期 10/14~3/31

※この間に、学年始休業、夏季休業、秋季休業、ディワリ休業、冬季休業、学年末休業を実施する。

□ 保育時間

  • 月~金  8時30分~14時00分
  • 行事との兼ね合いで、11:30降園の日もある

□ 休日

  • インドの祝祭日(一部)
  • 完全週休2日制
  • 園長が定める日

□ 今年度の主な行事

  • 始業式・入園式(4月)
  • クラス懇談(4月)
  • プール開き(5月)
  • 土曜参観(5月)
  • 個人懇談(7-8月)
  • ちびっこ祭り(10月)
  • 遠足(9月)
  • 運動会(9月)
  • 焼いも会(11月)
  • クラス懇談(12月)
  • クリスマス会(12月)
  • もちつき大会(1月)
  • 入園ガイダンス(2月)
  • 幼稚園発表会(2月)
  • 新入園児説明会(2月)
  • 卒園式・修了式(3月)

Leave a Comment