学校長より

GREETING

保護者の皆様並びにデリー日本人会の皆様には、本校の教育活動に対しまして、ご理解とご支援を賜っておりますことに心より感謝申し上げます。

学校長の足立浩(あだちひろし)です。本年度もよろしくお願いいたします。

令和3年度、本校教育活動のスタートにあたりご挨拶申し上げます。

昨年度2月にデリー準州政府より特別の許可を得て学校を再開しましたが、4月9日に学校閉鎖の発表があり、すべての教育活動をオンラインに切り替えて進めることといたしました。義務教育においては特に知・徳・体のバランスの取れた教育が大切であり、そのためには登校して教室内での対面授業が望ましいことは言うまでもありませんが、新型コロナウイルス感染症が拡大している中、児童生徒の健康と安全を最優先にして、オンライン授業などできるところから取り組んでまいります。

4月15日の着任式では新たに7名の先生方を迎え、ナマステの会では新転入生4名(2年生1名・6年生1名・8年生2名)を迎え、入学式では新入生16名(1年生6名・7年生10名)を迎えて、全校児童生徒84名、教職員20名でのスタートです。

この84名一人一人の夢と希望を、また保護者の皆様や日本人会の方々の願いをしっかりと受け止め、教職員が一丸となって児童生徒を健全に育んでいく所存です。

保護者の皆様並びに日本人会の皆様のお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。

1 学校教育目標

『豊かな人間性と国際感覚を身につけた、心身ともに健全な児童生徒の育成』

2 めざす児童生徒像・・・尊敬される品格を身につけた児童生徒

○よく考える子(知)
○やさしい子(徳)
○がんばる子(体)
○わかりあう子(国際理解)

3 めざす教師像・・・児童生徒に寄り添い、豊かな心を育む教師

○褒めるときは大いに褒め、注意するときは毅然と注意する教師
○やる気を引き出し、わかる喜び、できる喜びを与える教師
○児童生徒とともに活動し、笑顔と感動を共有する教師

4 めざす学校像・・・活力があり信頼される学校

○児童生徒、保護者、職員にとって安心安全な学校
○児童生徒の学力が向上する学校
○さわやかなあいさつが飛び交い、笑顔と感動があふれる学校
○環境(言語・物・人)の美しい学校
○保護者や日本人会の力や声を活かす学校
ニューデリー日本人学校
校長 足立 浩